梅田の風俗で遊ぶ際にコンドームを使用したほうが良い理由

衣服を脱いでいる眼鏡をかけた女性

本番のない風俗ではスマタプレイは「売り」の一つです。男性はこのスマタプレイが案外好きですし、本当のセックスに相当するほど気持ちがいいと言う人も多いぐらいです。

しかしこのスマタもコンドーム着用がない場合、セックスと同じだけの性病リスクを負うことになります。スマタはペニスを女性の性器の粘膜の部分ではさみ、挿入しないまま摩擦感を与えるプレイです。

女性が上でも下でも出来ますが、風俗嬢の場合には勝手の挿入されることを防ぐため、自分が上になってプレイすることが多いでしょう。

このプレイは本番代用行為ですから、本番があるところはあまり行いません。マットプレイの時に少々するぐらいでしょう。ヘルスのような類似行為のサービスに徹している店の風俗嬢は、「これが出来ないと話にならない」とまで言われるようなプレイです。

フェラチオでは生であったとしてもHIVの感染リスクはそこまで高くありません。クラジミアや淋病程度です。しかしスマタの場合にはHIVの感染率も高くなります。

クラジミア、トリコモナス、性器ヘルペス、淋病、梅毒、カンジタ、コンジローマ、B型肝炎などなど。性病と言われるもののリスクはすべて抱えると言ってもいいでしょう。

これを予防するためには、コンドームしかありません。コンドームを始めから使うことで、HIVや淋病、クラジミア、梅毒などの感染の危険性は激減します。

ただし性器ヘルペスやコンジローマ、毛じらみなどは、射精や分泌物からのみ感染るものではなく、出来ているところとの接触やそこから破けて付いた液などでも感染します。

所謂病変部との接触で感染するものなのです。尿道が保護されていても幹部が触れれば感染するかもしれないのです。しっかり治療すれば感知する病気ですから「生きるの死ぬの」と大騒ぎにはなりませんが、落胆してしまいますよね。

プレイ中に局部に何かしらの異常がないかな?と見ておくことも必要かもしれません。自分がすでにその症状がある場合には、完治するまで風俗にいってはいけません。

風俗よりも病院へとっとと行け!という話なのです。ヘルペスは喉に感染るとそれが脳に回ってしまうこともある、大変危険な病気です。

また症状を抑えることができても、身体の菌を死滅させることは出来ないものです。疲れると再発するといったこともありますが、これは再発を防止することが可能です。

口唇ヘルペスがある人がオーラルセックスを行うと、相手が性器ヘルペスになってしまうこともあります。