風営法と鶯谷のデリヘルの関係について調べてきたので報告します

ダンス教室が風営法の規制対象となるのはいかがなものかと、それが規制対象となった頃にはずいぶんと物議を呼んだものです。風俗のカテゴリーはもともと大衆の習慣などに密着しているものなのですから、ダンスが風俗としてカテゴライズされても不自然ではありません。しかし「規制対象」となるのは、少々違和感があります。これに関して関係者も相当働きかけたようですが、聞き入れられることはありませんでした

今回ダンス規制を含む改正風営法の中で、規制対象から外れました。地道な努力と訴えが、聞き届けられたということになります。しかしこのダンス規制自体はかなり混乱をきたし、クラブなどは規制に対して反対の意を表明していました。「なぜ規制の対象となるのか」について、売春の温床や麻薬の蔓延につながるからというものでしたが、文化の発展を妨げている」として、かなりの批判を浴びていました。

かなりの緩和を持って臨時国会で成立させることを目指していますが、まだまだ一波乱起きそうな雰囲気ではあります。「性風俗の乱れに繋がるダンス」は風営法が規制対象としていますが、果たして「性風俗の乱れに繋がるダンス」というものがいかなるものなのかというものは、一般的にも判断しにくいものです。緩和改正案は「ダンスの有無」で規制するのではなく、店の中の照度によって規制するという案に収まっています。

大阪のクラブ経営者が「店側が享楽的なダンス営業を行った」として摘発されました。しかし「何が享楽的なダンスなのか」の定義は大変難しいものです。「誰が考えても享楽的じゃないか」というものが存在しないのですから、そこで規制するというのがそもそも無理のある話のように考えられます。「陰部が見えてはいけない」とか「真っ裸でダンスに興じてはいけない」とかであれば、一般人でも納得しやすいですよね。

そもそもそんなことをすれば、性風俗のカテゴリーになってしまいます。ただしダンス教室が改正風俗営業の規制対象外となることは、大変進歩あるものでしょう。ディスコに変わって90年代後半から台頭してきたクラブですが、これが音楽や映像、ファッションなど若者文化の発信地となっている事は歪めない事実です。民族舞踊などでも官能的なものがありますし、男女の交わりを表しているものも数多く見られます。

それに対しての評価というものは、どうするつもりなのでしょう。もちろん営業としての規制なのですが、そういったところにまで話は及んでもおかしくありません。そもそも踊るということは、動物の世界で「求愛」であったりもするのです。

風営法と鶯谷のデリヘルの関係について調べてきたので報告します

ダンス教室が風営法の規制対象となるのはいかがなものかと、それが規制対象となった頃にはずいぶんと物議を呼んだものです。


Copyright© 2015年11月24日 中毒性が高いと言われる鶯谷デリヘルに何故ハマるのかを検証
http://www.timcollins-concertina.com All Rights Reserved.